軽く飲んでみて、後で楽しもうと思って

スコットランドとアイルランドはウイスキーの伝統的な原産地だと考えられている. 一般的にウイスキーは、気温が低く湿度の高い地域でよく熟成しているものと判断されるためだ。풀싸롱 長期間熟成するためには原液の蒸発量が少なくなければならないが、これらの地域で栽培されるウイスキーは年間原液の1~2%水準だという。 そのため、台湾などではウイスキーを作るのは難しいと思っています。 しかし、彼はそれをやり直す。 カバランで!
CAVALANというブランドを立ち上げた会社は、台湾のKING CAR GROUPです。 それは韓国人にもよく知られている「ミスターブラウン」ブランドのようだ。 台湾に行かれたことがあるなら、一度も行ったことがないと思います。 私はまたCarrefourでBrownさんが作ったミルクティーも買う。
2005年、台湾のイラン初の蒸留所はこの種のキングカーグループにキャバランを作った。 亜熱帯気候でウイスキー製造が可能でしょうか。 キャバロンがそれをひっくり返した時そう思いました。
上で述べたように、ウイスキーは熟成期が長いためには、熟成したウイスキーで蒸発するアルコールの量が年間2%程度が適当だと考えた。 しかしこれは12年、15年、30年の長い熟成期を前提とした伝統的なウイスキーの話らしい。
亜熱帯性気候である台湾ではウイスキー原液の15-20%が1年で蒸発し、既存のウイスキーほど熟成できない。 その代わりカヴァランはスコットランドとアイルランドで30年の熟成期間は台湾で5年から6年しかかからないという。 カヴァランは成熟期を表さない。
最初はこのカバランスをあざ笑ったかもしれないが、最近ウイスキーを求める人が増えるにつれ、次第に古いオーク樽が底をつき始め、伝統的なウイスキーは成熟期を示さないのに参加しているようだ。 そして、ウイスキーの味は、単に成熟期によってのみ影響を受けるのではない。 穀物は何で作られているか,発酵,蒸留,オーク樽で熟成することのほうが実際により重要だ.
まず、「カバラン」という名前は、現在ディシュタリアがあるイランと、そこに住んでいた「カバラン民族」という旧名から由来した。
カバランは現在320個以上の賞を受けたことで世界的に認められている。 国内では2017年からゴールエヌブルーから輸入·流通しており、2019年には前年同期比71%の売上が伸び人気を集めた。 カバラン蒸留酒セレクトの量が少なくて、複数本買ったようです。 イーマートで販売していますが、200mlなので無料で持ち歩けます。
初めて香りを嗅いだ時は、赤色のラベルよりアルコールの香りがずっと薄かったし、バニラの香りはもちろん甘い果実の香りがするようだった。 香り高く柔らかいです。
座っている時は非常に柔らかく、もう少し留まっていると辛さが徐々に増した。
飲み込んだ後の香りを感じると、赤いラベルに比べ、ややほのかな煙が感じられた。
鼻の上に上がることはあまりなかったが、口の中に残っていた。
ウイスキーは3種類しか食べたことがないのですが、香りがうまく表現されません。 ただ感じた通りに話すんですけど、個人的に 食べたものの中でブラックラベルが 一番おいしかったです。 レッドラベルとジェイムソンの仲でした。 私がもう少し辛い赤いラベルを楽しみたいとき,ジェイムソン·アイリッシュが柔らかくてシンプルだったとき,ブラックラベルは私が飲むたびにおいしそうに思えた. ウイスキーは確かに、香りや味が違って楽しめる楽しみがありますよ。 あなたが好きなウイスキーを見つけて幸いです

댓글 달기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다